読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lightroomで人物写真を現像しよう(操作方法図解)

人物写真(女性ポートレート・コスプレ・家族など)のRAW現像処理をはじめたばかりの初心者向けに、アドビの写真整理&画像処理ソフトである「Adobe Photoshop Lightroom CC(ライトルーム)」の使い方をまとめています。

スポンサードリンク

    【Lightroomの操作方法図解説:目次】

初心者へ 「Lightroom CCでコスプレ写真の色や明るさを調整して現像する方法」簡単図解説

今回は「Adobe Photoshop Lightroom CC」で写真の色や明るさを調整して現像する方法について解説します。
調整して現像するためには、写真をLightroomに読み込むことが必要です。まだな方は先に「写真をLightroomのカタログに読み込む方法について」をご覧ください。

「Lightroom CCで写真の色や明るさを調整して現像する方法」

写真の色や明るさの調整を簡易的に行うのは、「ライブラリ」モジュールでもできますが、本格的な調整については、「現像」モジュールを利用します。

f:id:isophoto:20160625222024j:plain

今回のサンプルには、下記を利用することにします。

f:id:isophoto:20160626214829j:plain

今回、撮影した写真は、オートホワイトバランス&自動露出にて撮影したのですが、私が想定していたよりも、色温度が比較的低く暖色になっており、また、暗く写ってしまいました。色を補正して、また明るくしてみましょう。

ワンポイントアドバイス:
ここでワンポイントアドバイスです。現像画面の写真の左下に「Y」が2つ並んだようなアイコンがありますね。これを押すと、補正前後で画像を比較して確認することができます。この機能を積極的に利用すると、効果がわかりやすくて便利ですよ。今回もこの機能を使って、効果を前後で比較することにします。

f:id:isophoto:20160626175058j:plain

 

1.写真の色の調整

(1)自動調整

まずは、ホワイトバランスの自動調整を試してみましょう。左枠の色表現パネルからWB>「自動」を選択します。

f:id:isophoto:20160626213516j:plain

そうすると、自動でLightroomの考える適切なホワイトバランスに自動調整してくれます。

f:id:isophoto:20160626214122j:plain

必要であれば、さらに追加で微調整を行います。

(2)色温度と色かぶりの微調整

今回は、ルームライトの暖色を少し残したかったので、自動調整後に少しだけ色温度をプラス(暖色)方向へ移動、少しマゼンタが強いので、色かぶりをマイナス(グリーン)方向へ移動しました。

f:id:isophoto:20160626214458j:plain

 

2.写真の明るさの調整

色が決まったところで、次に写真の明るさの調整を行います。

(1)諧調の自動調整

まずは、諧調の自動調整を試してみましょう。
写真の明るさ(諧調)が、Lightroomのおすすめな設定で自動で調整されます。

①画面右枠の「基本補正」パネルの「自動調整」ボタンを押します。それだけです。

f:id:isophoto:20160626173419j:plain

②自動で明るさが調整されます。

f:id:isophoto:20160626215107j:plain

明るさと言いましたが、「露光量」「コントラスト」「ハイライト」「シャドウ」「白レベル」「黒レベル」がそれぞれ、自動調整されます。
今回の写真では、上記のような値に自動で調整されていますが、この値は、それぞれの写真に合わせたものになります。

もちろん、以上で終わっても良いのですが、自分の好みに合わせてそれぞれを細かく調整することができます。 自分がもっとも綺麗だと思うバランスに調整すると良いでしょう。

f:id:isophoto:20160626215347j:plain

今回は、白の抜けが悪く、また、黒に締りが無いように思ったので、少し微調整しています。それぞれの機能の詳細についてはまた別の記事に書くことにします。

 

3.写真の現像

色と明るさの調整が終り完成したら、現像しましょう。

①上部の「ファイル」メニューより、「書き出し」を選択します。

f:id:isophoto:20160626215710j:plain

②ファイルの書き出しパネルが表示されるので、書き出し先やファイル名、ファイル形式、ファイルの品質、画像のサイズなどを選択して、「書き出し」ボタンをクリックして現像します。保存形式にもよりますが、写真は保存するたびに劣化するので、元のファイルは残したままで、別ファイルとして書き出しを行うことを、お勧めします。

f:id:isophoto:20160626215929j:plain

f:id:isophoto:20160626222028j:plain

※長辺900ピクセルに縮めています。

以上で簡単にではありますが、写真の調整と保存が実施できました。
それぞれの機能について詳しくは別の記事で解説することとします。

 

lightroom.hateblo.jp